【終了】かんじゅく座・ベニクラゲproject ジョイント公演「あの日のトンネル」


https://s-engeki.net/archives/2885
会場:中野ザポケット
演出:かんじゅく座:鯨エマ/ベニクラゲproject:佐藤信也
音声ガイドが付く日:かんじゅく座公演の28日17時と29日12時
字幕サポート:ベニクラゲproject公演の26日16時
概要:二つのシニア劇団が、同じタイトル、同じ舞台セットで上演する1962年を舞台にした全く違う物語。

【かんじゅく座】2022年こども食堂を立ち上げた敦子が、そのきっかけになっている子ども時代の思い出を改装する形で物語が展開する。1962年、あることをきっかけに、障害を持った同級生を裏切ってしまった。いま、当時のクラスメートが結集し、ある決意をする。

【ベニクラゲproject】高度経済成長期、映画とテレビの普及で大衆演劇は廃れつつあった。「紅海月(ベニクラゲ)座」も例に漏れず。病気で倒れた座長が後継者に指名したのは、一人娘・花恵。演劇と無関係の生活を送っていた花恵は、果たして劇団を存続出来るのか!?